ケーブルテレビ接続ナビ - チューナーの選び方から活用法まで

 

あなたは、ケーブルテレビと呼ばれる放送サービスをご存知ですか?日本で視聴できるTV電波にはいくつか種類があって、「地上波」「BS」「CS」「地上デジタル(地デジ)」があります。そして、その中にはアナログとデジタルの2つが存在しています。あなたも普段からよく視聴しているのではないでしょうか。

 

それら一つ一つを視聴する為には、各家庭で電波を受ける専用装置が個々に必要なんですが、それらはケーブルテレビに加入する事で不要になるんですよ。ケーブルテレビが設置してくれる専用のホームターミナルとチューナーさえあれば、すべてが視聴可能になるんです。つまりいくつも装置を設置したり、面倒な個々の手続き等もすべて不要になるという事ですね。

 

よって、まだ地デジ対策をしていない方や、地デジ対策が面倒な方にとってはケーブルテレビはお勧めかもしれませんね。現在ご家庭にあるブラウン管を通して地デジを見る事も出来るので、地デジ対策以上にケーブルテレビ加入のメリットは沢山ありますよ。また、インターネット接続や固定電話等のサービスを含むコースもあるのがケーブルテレビのメリットになりますね。

 

ケーブルテレビでインターネットを利用する際には、常に安定した通信速度を保つ事が出来るという特徴があって、接続しにくい等の不具合が起こりにくくなります。これはインターネットで動画等を楽しむ方には最適ですね。ただし、もちろんデメリットもあって、ケーブルテレビで放送される番組の録画が難しいという事です。

 

これは、テレビをよく録画する人にとっては難点ですね。ケーブルテレビには意外にも録画に関する難点があるので、加入前に録画の仕方等を確認しておくと良いですよ。契約後に録画が出来ない!なんて慌てることのないように、契約するケーブルテレビに録画情報を問い合わせてみましょう。ちなみに、録画の仕方は難しいですが慣れれば問題無く録画できるようです。

 

と言っても、録画に難点がある一方、続々と加入件数が伸びているのが現状です。それは、ケーブルテレビ専用チューナーの設置でアンテナ不要な事、通信速度が安定している事、地デジやインターネット等も含めたコースがある事などメリットが多いことにありますね。有料ですがチャンネル数が多い事も、地元のTV局であることも大きな特徴になります。

 

特に自主製作のチャンネルを持っているので、地元の情報を沢山得られる事は嬉しいですね。それらはコミュニティチャンネルと言って、地域に密着した身近な情報を知ることが可能になっています。あなたもこれらを利用して、多彩な情報をキャッチしてみてはいかがでしょうか。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

ケーブルテレビとは?


あなたは、ケーブルテレビ(CATV)をご存知ですか?

 

従来は、各家庭に設置されているアンテナを通じて電波を受信していましたよね。

ですが、普及するようになってからは、CATV局がまず電波をキャッチし、それからケーブルを通して各家庭に映像を届けるシステムが確立しました。

 

その仕組みとしては、まず通信衛星や放送衛星を通じて送られてくる地上波、BS、CSなどを受信点に受信します。

 

それをCATVに送って各家庭をケーブルでつなぐことによって、この電波を送信しています。

 

そして、各家庭においてモデムやホームターミナルを使うことによって、インターネットやテレビを見ることができるんですね。

 

そんなケーブルテレビのメリットは、一番にアンテナの必要がないことが挙げられます。

 

従来では必要だった家の屋根に設置していたアンテナがいらないので、わざわざ業者に依頼して屋根の上に登って設置してもらう手間も費用も必要ないんです。

 

よって、それが故障した時のメンテナンスなどももちろん不要になりますね。

 

それから、番組の多彩なラインナップもとても魅力的ですよ。

 

従来のテレビの一般放送から、BS、スポーツや映画、音楽やニュース、旅番組などの専門チャンネルまで、いろんな番組がたくさんあります。

 

アンテナ受信とは違い、つないでいる配線で配信されてくるので、電波障害がなくキレイな映像を見ることができますよ。

 

また、地域密着型となっていて、その地域のローカルニュースから地域のイベント、学校の行事に関する事まで役立つ番組もたくさんあります。

 

このように、使うことでのメリットはたくさんあるんですよ。

 

特徴について


あなたは、ケーブルテレビの特徴を知っていますか?

 

こちらでは、いくつかある特徴についてご紹介していきますね。

1つ目は、「チャンネル数が多いこと」です。

 

従来からある地上波の1〜12chにプラスして、いろんな専門番組を見ることが可能になります。

 

一般的には、20〜40chくらいある局が多いそうですよ。

 

中には、5〜20ch程度しかないものもあるようですが、利用コースに応じて数を選択できるタイプもあります。

 

とは言っても、それらは有料になりますが、オプションでチャンネルを1〜10chくらいの中から好きな番組を選ぶことも可能です。

 

そうなると、従来のテレビライフが大きく変わることは間違いないですね。

 

2つ目は、「キレイな画像」で見られることです。

 

従来のようなアンテナの直接受信ではなく、直接ケーブルを通して送信されてくるので、何らかの障害などの影響で電磁波が届きにくくなることがなく、常にキレイで安定した映像で見ることができます。

 

3つ目は、「アンテナがいらないこと」です。

 

VHFやUHFやBSやCSなど色んなチューナー等が存在していますが、CATVではどれも不要になります。

 

局が一括ですべてキャッチしてくれるので、専用のホームターミナルがあればOKになります。

 

4つ目は、「地元のTV局であること」です。

 

自主製作のチャンネルを持っているので、地元の情報がたくさん配信されていて、生活に役立つ情報をキャッチすることが可能になります。

 

もしかしたら、あなたが出演する機会があるかもしれませんよ。

 

そのくらい、地域に密着したテレビ局であると言えますね。

 

おすすめ光回線サイト


ケーブルテレビも楽しめるおすすめ光回線・・・ ケーブルテレビを利用して光回線も楽しもう!オススメの光回線を紹介しています。

※場合によってはケーブルテレビとプロバイダーがセットになったキャンペーンを行っていることがありますので、その場合には通常のキャンペーンが受けられないことがあります。